もろみWSありがとうございました!

3種類のもろみのテイスティング。それぞれに個性があって味わい深い。

今月も新月に開催した醗酵菜食WS。今回はもろみWSでした!ウィキペディアでもろみを調べると「醤油・酒などを作るために醸造した液体の中に入っている、原料が醗酵した柔らかい固形物」

今回の「食べるもろみ」WSでは、醤油を作るときと同様の方法で麦・大豆・米などから製造した麹を、醤油のときほどではない濃さの塩水に漬けて、各自ご自宅でも作っていただける情報&レシピを提供させていただきました。

シンプルだけど、とっても奥深い日本の伝統食、醗酵の世界。今回ももろみだけにとどまらず、スピリチュアルなお話まで、awamamaワールド全開の内容になりました。

welcomeドリンクは熟成甘酒。低温でじっくり乳酸醗酵させた甘酒と普通に作った甘酒にドライフルーツ、醗酵カボスを加えたもの。ちょっとほろ酔いになってしまいました(笑)

Welcomeドリンクは熟成甘酒。醗酵により刻々と味は変化していくので、その時しか味わえないオリジナルブレンドの甘酒。ここからも、awamamaさんの醗酵食に対する造詣の深さを感じさせてくれるものでした。

本題のもろみづくりに入る前には、各麹のテイスティング。

マルカワ味噌の麦麹に豆麹。それに大徳醤油のしょうゆ麹。そのままでも十分美味しい♡

おまけの30年ものの梅干しも懐かしいお味。30年間ってすごいわよね。

お持ち帰りいただく「食べるもろみ」としては、豆麹と麦麹ベースのものと麦麹だけのものの2種類。それと、もろみ納豆をつくっていただくわらつと納豆と麦麹に豆麹。

容器や原材料、塩分濃度のお話はもちろん、醗酵食品の身体にもたらす影響、感覚、日々の生活などなど、お話はどんどんディープになっていきました。

私ももろみづくりは今回が初めて。どんどんその奥深い世界に引き込まれていきました。試食はたっぷりの無農薬お野菜、納豆もろみにばっちりの玄米粥。そして私も甘くないお野菜ベースのロークラッカーを2種類つくりました。

ご自身の舌の感覚で醗酵の進行具合を感じ、絶妙な配合でつくっていくawamamaさんの醗酵食ワールド。主宰者側ながらも、今回も堪能させていただきました。今後強い身体を作っていくうえでも、我が家の食卓にもどんどん登場させていきたいと思います。

試食の盛り合わせプレートに玄米粥。welcomeドリンクの濃厚甘酒はお味噌が加わり、まろやかでまた違ったお味に変身。

サラダのドレッシングとしても相性ばつぐんのもろみ。そのままでもいいし、違う味のもろみをブレンドしてもいいし、味のバリエーションは無限大♪

これ以外にの写真はこちらにアップしております。是非ご覧下さいませ。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150580531220314.666476.866265313&l=42b8c9ac50

次回は、6月11日に酵素シードルジュースWSを行います。詳細はメルマガ&HPでお知らせしますので今しばらくお待ち下さい。

今回も素敵な時間を共有させていただきまして幸せいっぱいでした。ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。